ミカルディス服用と糖尿病併発例で動脈硬化は治るのか

ミカルディスの有効成分はテルミサルタンというもので、アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ARB)に分類される、降圧剤です。他のARB降圧剤にはアジルバ、イルベタン、ブロプレスなどが挙げられます。ミカルディスは副腎皮質球状層のアンジオテンシンAT1受容体を競合的に阻害し、レニンーアンジオテンシンーアルドステロン系の働きを阻害し、循環血液量の減少と血管拡張を引き起こし、血圧を下げます。ミカルディスは副作用発現頻度の低い安全な薬であり、また多剤との薬物間相互作用も引き起こしません。ですから安心して使用することができます。またミカルディスには臓器保護作用があり、高血圧症治療の比較的早期から積極的に使用されます。
高血圧が原因で動脈硬化が起こることがありますが、高血圧治療薬のミカルディスで動脈硬化は治るのか治らないのかどちらなのでしょうか。動脈硬化は治るのかと言われたら確かに改善効果があります。カルシウム拮抗薬とARBで動脈硬化改善効果に関して比較したところ、ARBは1年間の継続服用で有意に動脈硬化を改善します。ただ高血圧治療だけで動脈硬化は治るのか、と言われたら、そういうわけではありません。動脈硬化の原因は高血圧だけでなく、糖尿病や脂質異常症などもあります。よって糖尿病や脂質異常症を合併する場合にはそれらの治療もあわせて行う必要があります。
ミカルディスには糖尿病や脂質異常症治療薬との薬物間相互作用はありませんので安心して服用できます。しかし降圧剤のカルシウム拮抗薬とスルホニルウレア系血糖降下薬、およびHMG-CoA還元酵素阻害薬は、いずれもCYP3A4によって代謝されるため、それぞれの作用が増強される可能性があるので注意が必要です。