新薬の中で投与制限のない薬はあるの?

一般的にジェネリック新薬は、投与制限があるのかどうかといわれていますが、厚生労働省に申請している医薬品ではなく、特許の切れた薬を他メーカーでほぼ同様にして販売しているので投与制限のない薬とされています。
本当に全く新しい薬効を期待して厚生労働省に申請しているものの場合には投与制限はあります。
新しい医薬品の場合には1回の投与に対して14日間という投与制限が存在しており、様々な副作用を懸念してのことといわれています。
様々な医薬品が存在しており、患者の体調面を心配しているものとされて投与機関の制限があるのです。
また、一部の医薬品に関しては副作用の懸念だけではなく、依存という新たな中毒症状を発症してしまうリスクが高いため、投与期間の制限が必要となってくるのです。
その患者の治療のために最良とされている医薬品だからこそ、投与制限によって本来の体調の状況を感知させてくれるものとして評判なのです。
もちろんこれは保険診療内のことであるため、自由診療を行っている医療機関においてはこの限りではありません。
とはいえども、医療において多数の人の生命を救うための医薬品だからこそ、デリケートな対応が必要となるとされています。